英語力ゼロでお金もなかったけど、NYに長期留学できた話

スポンサーリンク
海外ネタ

Hi there!

私は高校卒業後、2年生の専門学校に通っていたんだけど、就活の時期に突入した頃、私の中では海外ブーム真っ只中でした。

そんなある日、ふと先生の前で呟いた「留学したいな〜」の一言で、私の人生は変わりました。

今回ご紹介する体験談が、留学に行きたいと思っている人の参考になったら嬉しいです。

留学までの「壁」

「留学したいな〜」って呟いたら、留学を担当している先生を紹介され、そこからはもう話がとんとん進んでいきました。

ただ、言ってみたはいいものの、問題点がたくさんありました。たぶん、留学となったら、多くの人が下記のポイントで悩むと思います。

留学をする上での不安点

・お金がない

・英語が全くしゃべれない

・海外にすら行ったことがない

・海外は治安が悪そうで怖い

・タイミングを逃した/わからない

私は特に上3つが不安要素として大きかったのですが、どうやってこの不安要素を解消していったのか、1つずつ解説していきます!

お金がない

お金は私も1番心配でした。心配というか、もう現実的に絶対に不可能な状況でした。

私の家は貧乏とまではいかないですけど、専門学校も奨学金を借りて通わせてもらっていたものだったので、留学なんてとてもじゃないけど、準備するお金すら用意することが難しい状況でした。

けど、それを留学担当の先生に言ったら、留学ローンがあるっていうことを教えてもらいました。

私には留学費用を「借りる」っていう考えがなかったので、それを聞いて留学が少し現実的に見えてきました。

専門学校の奨学金の返済もあったのですが、収入がない期間は返済を停止することができたので、その不安点もクリア。

親にも留学したことを伝えたときに、第一声が、「そんなお金あるわけないでしょ!」すごい怒ってたなー。

でも、留学ローンと奨学金のことを話して、いつかビッグになって全て返してやるからって言ったところ、すんなりOKをいただきました!(笑)

就職してお金が溜まってからっていう意見もありましたが、それをしちゃったら一生留学いけないと思っていたので、私はそのときの気持ちを優先しました。

解決策

お金がないなら留学ローンという選択肢もある。

英語が全くしゃべれない

私は全く勉強をしてこなくて、高校生の英語の成績なんて、ほとんど赤点でした。

留学を決めたときも、YesとNoでしか会話が返せないくらいです。

そんな英語力で、よく留学行こうと思ったなってよく言われるんですけど、いや、英語できないから習いに行くんじゃん!って思ってて、のんきに海外ドラマ見てましたよ。

しかも、これ家族の中で伝説になってる話なんですけど、ビザを取るために大使館に面接に行った際、面接官に「How are you?」って質問されて、「あっ、元気…っす…」って日本語で答えて、しかも審査通ったっていう。(笑)

こんな私でも1人で飛行機に乗れたので、思い切りが大事です!

解決策

英語を学ぶための留学なので、英語はできなくて問題無し!

海外にすら行ったことがない

私はその当時、海外だとサイパンしか行ったことがありませんでした。

サイパンなんて、ほとんど海外感ないじゃないですか。しかもそのときは、全て友達任せだったので、ニューヨーク留学はほとんど初海外のようなもの。

1人で飛行機に乗るのも初めてだし、向こうに友達なんていないし。

これは性格にもよると思うんですけど、私は結構1人行動大丈夫な人だったので、不安要素よりも、楽しみな気持ちでいっぱいでした。

それは、海外への憧れが強かったので、あのドラマの世界に行けるんだ〜って思うととっても嬉しくて、何度も何度もニューヨークが舞台のドラマを見て、街の雰囲気だったり、人の感じだったりを予習していました。(ドラマの世界はだいぶ美化されているけどね!)

解決策

留学先の雰囲気は映画やドラマ、Youtubeなどで予習!

海外は治安が悪そうで怖い

私はニューヨークだったので、特に治安については心配されました。

でも結局、日本だって危ないところは危ないし、どこの国にも犯罪や事件はある。

私は幸いなことに、留学中危ない目にはあってないんだけど、友達は携帯盗まれたり、財布取られたりした人もいた。運もあるかもしれないけど、その人たちに共通していえるのが、「1人でいるときすごく不安そう」「夜に出歩いている」「人通りの少ない道をあるいている」といった感じで、まさに狙いやすい人になってしまっているんだよね。

日本にいるときのような感覚で生活してはダメ。大事なのは、危ないと言われている場所、地域を把握しておくことと、あまり夜に1人で出歩かないこと。これに尽きる。

解決策

治安が悪い場所、地域を把握し、近寄らない。

タイミングを逃した/わからない

結構タイミングも悩む人は多いのではないでしょうか。

私は専門学校を卒業して、社会人になる前に留学を決意したんですけど、就職してしまっていたら、最低何年は続けたいとか、役職付いちゃったから、その責任感から辞められないとか。色々あると思います。

私は、社会人になったら絶対留学行かないだろうなーって思ってたんで、タイミングに関しては今しかないって感じでした。

20歳で向こうにいったんですけど、本当にあのタイミングで行ってよかったなって思ってます。何より、今の旦那(日本人)に出会うことができたので、本当にタイミングって大事。

そのときの気持ちを大事に、思い切って行動しちゃいましょう!

解決策

留学は勢い!行きたいと思ったら即行動!

絶対に一生の思い出になるし、人生変わる

留学行って後悔する人はいるんだろうか。

少なくとも私の周りにはいなくて、みんないろんな見方が変わったとか、留学が人生にとってプラスに働いている人の方が多い気がします。

私も留学は本当に行ってよかったって思ってます。行ってなかった自分を想像すると恐ろしい…。

よく、自分探しのために留学したり、現実逃避のために留学に行くっていう人もいるじゃないですか。全然いいと思う!本当に自分見つかると思う!自分の知らない世界に刺激をもらって、自分の可能性をもっと広げてみてください。

留学、おすすめです!

それでは、アデュー!

タイトルとURLをコピーしました